アドセンスを配置 リンク広告編 他の種類と一緒に貼り付け

みなさん、こんにちは!!

管理人のピーディー( @PD_bloger ) です。

アドセンスの収入の稼ぎ頭である『リンク広告』について解説をしていきます。

さらに、『テキスト・ディスプレイ広告』と『リンク広告』のコンボでクリック率、収入をアップさせていく方法を解説していきます!!

ぜひ、トライしてください!

スポンサーリンク

アドセンスのリンク広告とは

アドセンスにもいろいろタイプがあります。一般的なテキスト・ディスプレイ広告はよく見かけると思います。

その中でも『リンク広告』はもっともクリック率が高いタイプの広告形体です。

これは利用しない手はない。

ここで注意しておきたいことが、リンク広告に表示されている単語をクリックするだけでは報酬にはなりません。

その後に表示される広告をクリックして始めて報酬にカウントされます

一見、効率が悪く、読者がクリックを避けそうに思えます。

しかし、クリックした単語に関連する広告が表示されるため、読者が興味を示してくれる可能性が高いとされています。
 
 

リンク広告のコードを取得

Googleアドセンスにログインし、広告コードを取得しましょう。

「広告の設定」から「広告ユニット」を選択し、「+ 新しい広告ユニット」をクリックします。
 
 
 

「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択します。
 
 
 

広告サイズを「推奨」から「リンク広告」に変更します。

後々、クリック率のレポートなど確認しやすいようにわかりやすい名前を設定しておくとよいでしょう。
 
 
 

リンク広告のサイズは「自動サイズ レスポンシブ リンク」にしておきます。
 
 
 

これで「保存してコードを取得」します。

広告コードを配置する

リンク広告をそのまま配置するのもいいでしょう。

すでに配置しているテキスト・ディスプレイ広告と一緒に貼り付けることもできるので、試してみる価値はあります。
 
 

レポートを定期的にチェックをして自分のブログにどのような広告配置が適しているのかをチェックするためにも、様々な方法があることを知っておくことは大事かと思います。

目次上編 テキスト・ディスプレイ広告と一緒に貼り付ける

目次上に広告コードを貼り付ける方法は別記事で詳しく解説しています。

アドセンスを配置・記事目次の上(h2)編【ストーク】

2018年8月10日

目次上にリンク広告を貼り付けましょう。

ダッシュボード画面の左側「外観」から「テーマの編集」を開きます。
 
 

「編集するテーマを選択」は『stork_custom(子テーマ)』になっていることを必ず確認してください

「テーマのための関数(functions.php)」を選択します。

上記のコードをまず貼り付け、「ここにアドセンス広告コードをコピー」という箇所に『リンク広告』の広告コードを貼り付けます。

すでに、テキスト・ディスプレイ広告コード・記事内コードを貼り付けている場合はそのすぐ下に「リンク広告」のコードを貼り付けます。
 
 

完了したら「ファイルを更新」します。

記事下編、ダブルレクタングル広告と一緒に貼り付ける

記事本文の読み終わりにもリンク広告を貼り付けましょう。

ダブルレクタングル広告については詳細は別記事で解説しています。

アドセンス配置・ダブルレクタングル編【ストーク】

2018年8月10日

ダブルレクタングル広告を使用しているのであれば、すぐ下に貼り付けてみましょう。

ダッシュボード画面の左側「外観」から「ウィジェット」を開きます。

広告コードを貼り付けるため「カスタム HTML」を選択します。

「PC:[広告]記事コンテンツ下」を選び、「ウィジェットを追加」をクリックします。

すでに「ダブルレクタングル広告」の「カスタム HTML」を追加しているので、そのすぐ下に 2 つめの「カスタム HTML」を配置します。

そのなかに、リンク広告のコードを貼り付ければ OK です。

まとめ

広告の配置については、別記事で解説済みのため手順をかなり割愛しています。不明点があれば各記事を参考にしていただければ幸いです。

また、広告コード取得してから、記事に広告が反映されるまで時間(2~30分)が掛かります。

しばらく様子をみましょう。

これにて終了でございます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク