【クロマキー入門】脱初心者!!グリーンバックで背景合成しておもしろ動画を作ってみよう!(パワーディレクター)

動画編集をするならおもしろい動画を作りたい!!

今回はだれでも簡単におもしろ動画を作ることができる入門編 クロマキー合成 について解説をしていきます。
 
クロマキー合成を使うことができれば、アイデア次第で楽しい動画を作り放題になります!!!
 

 


 
↑ 360度画像と初音ミクのダンス動画をクロマキー合成してみました!
 
クロマキー合成は慣れてしまえば、簡単です。ぜひチャレンジしてみてください!

動画でも解説しているのでこちらもチェックしてみてください。
 

スポンサーリンク

動画を読み込む

まずは動画素材を用意しましょう!
 
●背景となる画像・動画
●グリーンバック素材
 
・・・グリーンバック素材は緑色の背景を使った特殊な素材です。
 

※Amazonでグリーンバックで利用する背景用の布が 1,000~3,000円ほどで売られています。
 
今回はグリーンバック素材がある前提でサクサク解説をしていきます。

使用する動画編集ソフトは PowerDirector です。
 
まずは背景となる画像・動画を画面下「トラック1」に移動させます。※基本操作はここでは割愛します。 
 
 

 
次にクロマキー合成で使用する素材(背景がグリーンバック)を「トラック2」に入れます。
 
これで準備完了です。
 
次に「トラック2」に入れた動画の緑色の背景だけを消していきます!

クロマキー合成がすごいんだよ


 
グリーンバックを消します!
 
PowerDirector の場合は、トラックに入れたグリーンバック素材をいちど選択してから、「デザイナー」 > 「PiP デザイナー」をクリックすることで編集画面が出てきます。
※動画を直接ダブルクリックしても画面が出てきます。
 
 

 
画面左側に動画を編集する項目が並んでいます。
 
その中に「クロマキー合成」があるのでチェックを入れ、スポイトマークを選択します。
 
  

 
「クロマキー合成」にチェックを入れた状態で、動画の上にマウスポインタを持っていくと、スポイトマークに切り替わっています。
 
表示されている色を抜き取りますよ~」という意味です。
 
これで背景の緑色を透過させることで、初音ミクが都庁前で踊っている動画を作成できるわけです。
 
 

 
ボタンひとつで緑色が抜けました。
  
これだけです。
 
簡単でしょ?
 
 

 
微妙に緑色が抜けきっていない場合は、画面左側の「色の範囲」「ノイズ除去」をスライドすることで調整することができます。
 
ただし、やり過ぎ注意!
 
緑色に近い色も抜けていくので気をつけましょう。

まとめ

クロマキー合成は簡単です。

唯一の難点はクロマキー合成で利用するグリーンバックの素材を用意するのが面倒というところでしょうか。
サブスクモデルの PowerDirector365 であれば、Shutterstock という数百万点の動画素材を利用することができます。その中にはハイクオリティなグリーンバックの素材もあるので、使ってみる価値ありです。 

縦書きでかっこいい歌詞動画を編集【PowerDirector(パワーディレクター)】

2022年8月23日

PowerDirector(パワーディレクター)をおすすめする理由

公式サイトでは、PowerDirector がセール期間中 最大30%オフになっています。また、無料体験版もダウンロードすることができます。

\ PowerDirector をまだお持ちでない方は /

      
★PowerDirector おすすめポイント★

・7 年連続 “国内販売シェアNo.1” 動画編集ソフト
・動画出力の時間が他社よりも圧倒的にスムーズ 
・豊富なテンプレート、編集素材あり
・特殊な加工がだれでも簡単に利用できる
・Adobeより圧倒的にコスパ良し!
・無償ユーザーサポート付き
・Mac対応!