【初期設定】ダウンロード版 PowerDirector 16 インストール手順

みなさん、こんにちは!!

管理人のピーディーです。

いままで PowerDirector の動画編集の操作方法をいくつか紹介してきましたが、一番初めの『初期設定ソフトウェアのインストール手順について解説するのを忘れていました。
 
 
最新版の PowerDirector 16 のインストール方法を解説していきます。これからソフトウェアを購入される方、アップグレードされる方はいちど参考にしてくだされば嬉しいです。

 
ダウンロード版とパッケージ版がありますが、今回は『ダウンロード版』のインストール手順を解説していきます。

スポンサーリンク

決済完了後、ソフトウェアをダウンロードする

決済完了後に届くメールから「インストーラー」と呼ばれるソフトウェアのプログラムをパソコンに取り込みます。これがいわゆる『ダウンロード』です。
 
  
この段階では、パソコンにソフトウェアを保存しただけなので、『実行・インストールでプログラムを起動できるようにする必要があります。
 
 
通常はインストーラーなどはダウンロードをするとエクスプローラーの『ダウンロード』フォルダーに保存されますのでチェックしてください。

 

図.1

 
 
 
ダウンロードフォルダーを開くと、たくさんのファイルがあります。

 
PowerDirector 16 をセットアップしたいので、『Cyberlink‗PowerDirector16‗Ultimate…exe』をダブルクリックします。
 
 
ほかにも似たようなファイルがたくさんありますが、『ContentsPack』、『HolidayPack』などは PowerDirector16 の「エフェクト&テンプレート」の一種です。

参照:『 PowerDirector16 エフェクト&テンプレート 』

ややこしいですが、しっかり見分けましょう!!
 

実行!インストール開始!

インストーラーをダブルクリックすると、「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか」とメッセージが出ます。
 
 
言い換えると「PowerDirector16 をいま使っているパソコンにインストールしてもよいですか」ということです。『はい』を選択しましょう。
 
  
しばらくすると、次のプログラムがインストールされ始めます。

 

図.2

 
 
また新しい画面に切り替わるまで待ちます。
 
 
インストールにはパソコンに負荷がかかります。スペックが低いパソコンは、他のソフトウェア操作、ネットの視聴は控えた方がいいでしょう。

 
図.3


 
 
ご自身の言語を選択し、場所は特にいじらず、そのまま「次へ」をクリックします。
 

 

図.4

 
 
 
ライセンス契約の確認ができれば「同意する」を選択しましょう。
 
 
PowerDirector 以外にもどのソフトウェアでも使用前に、このようなライセンス契約は出てきますね。
 
  
 

図.5

 
 
インストール中に、PowerDirector16 の広告が表示されます。どのような操作ができるようになっているのか、ざっくりわかります。
 
しばらくすると、次の画面が出てきました。

 
 

図.6

 
 
調べてみるとメッセージ通り、ぼくのパソコンのなかには WaveEditor 2 が入っていました。
 
「アンインストールしてから再インストール」する必要はないので「キャンセル」しました。
 
 
要は、すでに入っているソフトウェアをいったん削除して、もう一回、入れ直すという作業ですね。

 

インストール完了

図.7

 
 
インストールが完了しました。さっそくPowerDirector を起動しましょう。
 
 
 

図.8

 
 
  
タイムラインモードをクリックすると、、、
 
 
 

図.9

 
 
 
プロダクトキーを入力する画面が表示されました。
 
 
インストールしたソフトウェアを使用できるまでに、パスワードが設定されています。
 
   
ダウンロード版であれば、購入したときの注文情報に英数字のパスワードの記載があります。「アクティブ化」をクリックすることでロックを解除します。
 
 
 

図.10

 
 
 
アクティブ化しました」と表示されました。
 
 
ロック解除されたので、OK をクリックするとソフトウェアが利用できるようになります。
 

エフェクト&テンプレートをインストールしていく

PowerDirector16 本体のインストールが完了しましたので、最後にエフェクト&テンプレートをインストールしましょう。
 
 
 

図.11

  
  
 
インストーラーをひとつずつ実行していきます。ここで気づきます。『ContentsPack』が 3 つあります。
 
 
ただ、最後の方に「…-1.exe」、「…-02.exe」、「…-03.exe」と表示がありますので、番号順に実行作業をしていきましょう。
  
  
「BooM…zip」は開くと、
  
  

図.12

  
  
  
zip ファイルのなかに音楽フォルダが入っています。
  
 
各フォルダごとに音楽ファイルが入っていますので、パソコンのミュージックフォルダなどにコピペで移しておきましょう。
 

まとめ

ソフトウェアの初期設定には順番があります。
  
 
まず、ソフトウェア本体のプログラムをダウンロードし、インストールをし、完了したら、プロダクトキーを入力する、という流れになります。
 
  
追加でエフェクトのテンプレートをインストールする。
 
 
以上となります。

いかがでしたでしょうか??

本日はここまでです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク