【YouTuber必須】ワイプを簡単に入れる方法 動画編集(パワーディレクター)

みなさん、こんにちは!!

管理人のピーディー ( @PD_bloger ) です。

撮影してきた旅行動画、ゲーム動画などの上に、もうひとつの動画を重ねませんか。
 
今回は『ワイプ』を入れる方法です!
 
 
バラエティ番組、音楽番組などでも、画面の隅に『ワイプ』が入ることありますよね。

操作はとてもシンプルです。メインの映像に、もうひとつ映像を重ねるだけです
 
では、いきましょう。

スポンサーリンク

PowerDirector(パワーディレクター)をおすすめする理由

公式サイトでは、PowerDirector がセール期間中 最大30%オフになっています。また、無料体験版もダウンロードすることができます。

\ PowerDirector をまだお持ちでない方は /

      
★PowerDirector おすすめポイント★

・7 年連続 “国内販売シェアNo.1” 動画編集ソフト
・動画出力の時間が他社よりも圧倒的にスムーズ 
・豊富なテンプレート、編集素材あり
・特殊な加工がだれでも簡単に利用できる
・Adobeより圧倒的にコスパ良し!
・無償ユーザーサポート付き
・Mac対応!

メイン動画を入れる

図.1

トラック 1 にメイン動画を入れます。テレビ番組でいうと VTR にあたりますね。
 
このトラック 1 に入れた動画の上にワイプ映像を重ねます。動画を上に上に重ねていくイメージですね
 

補足
画像処理用語で「層」のことを「レイヤー」といいます。

何枚もの画像(動画)が、上に上にと重なって形成されるイメージです。

PowerDirector では「トラック 1」、「トラック 2」、「トラック 3」・・・のことですね。

イメージ図

  
補足とは言いましたが、動画編集ではかなり重要で基本的な知識となります。
 
レイヤーについての概念を知っていると、今後の動画作成に必ず活きてきます。
 
ぜひ、チェックしてみてくださいね。

ワイプを入れる

図.2

メインの動画をトラック 1 に入れたら、すぐ下にあるトラック 2 にワイプになる動画を入れます。
 
誰かが話しているような動画がいいと思います。
 
 
 
図.3

トラック 1、トラック 2 に動画を入れた時点のプレビューを確認してみます。すると、ワイプとして入れたトラック 2 の動画しか映っていないです。
 
ワイプの下にメイン動画が隠れている状態になっているので、ワイプの大きさを調整する必要があります
 
 

ワイプ動画の大きさを調整する

図.4

トラック 2(ワイプ動画)の上を一度クリックしてから、「デザイナー」を選択、その中にある「PiP デザイナー」をクリックします。
 
 
 
図.5

新しく「PiP デザイナー」画面が出てきます。この画面から大きさを調整していきます。
 
2 通り方法がありますが、わかりやすいのはプレビュー画面にある白い点をドラッグします。
 
 
図.6

今回はワイプの大きさを調整し、画面の右下へ移動させました。
 
大きさを調整するもう一つの方法は、画面左側にある「拡大/縮小」にあるポイントをスライドすれば OK です。
 
 

まとめ

今回のワイプ編集ができれば、旅行にいったときの撮影動画、ゲーム解説動画など様々な動画に応用が利きます。

メイン動画に自分の解説動画を一緒に映し出せれば、テレビ番組のようになります。簡単な操作なので積極的に活用しましょう。
 

縦書きでかっこいい歌詞動画を編集【PowerDirector(パワーディレクター)】

2022年8月23日

PowerDirector(パワーディレクター)動画出力、エンコードするための基本操作を解説

2021年5月8日

【クロマキー入門】脱初心者!!グリーンバックで背景合成しておもしろ動画を作ってみよう!(パワーディレクター)

2021年4月1日