【YouTuber必須】ワイプを簡単に入れる方法 動画編集

みなさん、こんにちは!!

管理人のピーディー ( @PD_bloger ) です。

撮影してきた旅行動画、ゲーム動画などの上に、もうひとつの動画を重ねませんか。
 
今回は『ワイプ』を入れる方法です!
 
 
バラエティ番組、音楽番組などでも、画面の隅に『ワイプ』が入ることありますよね。

操作はとてもシンプルです。メインの映像に、もうひとつ映像を重ねるだけです
 
では、いきましょう。

スポンサーリンク

メイン動画を入れる

図.1

トラック 1 にメイン動画を入れます。テレビ番組でいうと VTR にあたりますね。
 
このトラック 1 に入れた動画の上にワイプ映像を重ねます。動画を上に上に重ねていくイメージですね
 

補足
画像処理用語で「層」のことを「レイヤー」といいます。

何枚もの画像(動画)が、上に上にと重なって形成されるイメージです。

PowerDirector では「トラック 1」、「トラック 2」、「トラック 3」・・・のことですね。

イメージ図

  
補足とは言いましたが、動画編集ではかなり重要で基本的な知識となります。
 
レイヤーについての概念を知っていると、今後の動画作成に必ず活きてきます。
 
ぜひ、チェックしてみてくださいね。

ワイプを入れる

図.2

メインの動画をトラック 1 に入れたら、すぐ下にあるトラック 2 にワイプになる動画を入れます。
 
誰かが話しているような動画がいいと思います。
 
 
 
図.3

トラック 1、トラック 2 に動画を入れた時点のプレビューを確認してみます。すると、ワイプとして入れたトラック 2 の動画しか映っていないです。
 
ワイプの下にメイン動画が隠れている状態になっているので、ワイプの大きさを調整する必要があります
 
 

ワイプ動画の大きさを調整する

図.4

トラック 2(ワイプ動画)の上を一度クリックしてから、「デザイナー」を選択、その中にある「PiP デザイナー」をクリックします。
 
 
 
図.5

新しく「PiP デザイナー」画面が出てきます。この画面から大きさを調整していきます。
 
2 通り方法がありますが、わかりやすいのはプレビュー画面にある白い点をドラッグします。
 
 
図.6

今回はワイプの大きさを調整し、画面の右下へ移動させました。
 
大きさを調整するもう一つの方法は、画面左側にある「拡大/縮小」にあるポイントをスライドすれば OK です。
 
 

まとめ

今回のワイプ編集ができれば、旅行にいったときの撮影動画、ゲーム解説動画など様々な動画に応用が利きます。

メイン動画に自分の解説動画を一緒に映し出せれば、テレビのようになります。

これでさらに編集を繰り返すと Vtuber にもなることができます。

 


  
簡単操作でとっても楽しいので、ぜひ試してみてください。
 

【クロマキー入門】脱初心者!!合成しておもしろ動画を作ってみよう!

2020年1月9日
 
最新版 PowerDirector 18 も販売中です! 
    
編集効率 UP』『タイトル編集の強化』『SNS 向け動画サポート
 
テキスト、特殊なエフェクトなど大幅にアップグレードされています。

やはり、動画編集ソフト販売シェア№1 なだけあって使いやすいです!
   

 
  
いま流行りのサブスクリプション型モデルも熱くなってきています!
 
ぜひ、いちど 公式サイト をチェックしてみてください!

スポンサーリンク