【解説】PowerDirector メニュー 「シーン」について

みなさん、こんにちは!!

管理人のピーディー( @PD_bloger ) です。

PowerDirector でメニュー編集を終え、プレビュー画面を見てみると「再生」、「シーン」ボタンがあります。
 
「シーン」をクリックすると「アイテム」と表示されていたり、タイトル名が表示されていたり、仕組みがよくわからないことありませんか??

作成したメニューの構造について検証をしたので、その結果を解説をしていきます。

スポンサーリンク

シーン

図.1

現在、表示されているプレビュー画面は「ルートメニュー」です。
 
『再生』、『シーン』と 2 つのボタンがあり、「タイトル/チャプター」画面に行くにはシーンを選択します。
 

タイトル メニュー

図.2

これまで編集してきたプロジェクト『原宿』、『サンシャイン』、『お花見』、『龍門の滝』の 4 つのタイトルがありますね。「 ホーム 」ボタンを押せば、はじめの「ルートメニュー」に戻ることができます。構造の詳細はのちほど解説します。

画面右下には「 1 / 1 」と書いてありますが、これは「タイトルメニュー」のページ数のことです。タイトル数を多く設定し、1 画面にタイトルが収まらなくなった場合は次のページにタイトルが移ります。「▷」ボタンが表示されるので、2 ページへ移ることができます。

※画面のサムネイルをクリックすることで、選択したタイトルをはじめから再生できます。
 

チャプター メニュー

図.3

タイトル 『龍門の滝』を選択しました。龍門の滝のチャプター数は合計で 7 つです。このページにはチャプターが 4 つしか表示されていないので、「▷(次へ)」ボタンが出ています。
 
画面右下には「 1 / 2 」と記載されており、現在の「チャプターメニュー」のページ数が表示されています。

2 ページ目に移りたいので「▷」ボタンを押してみましょう!!
 

図.4

残りのチャプターが表示されました。ボタンの解説をしましょう。

解説
まず、前提として、メニューのページは ↓ のように切り替わっていきます。

『シーン』(ルートメニュー) → 『タイトル』(タイトルメニュー) → 『チャプター』(チャプターメニュー)

☆ ボタン
● 「ホーム」・・・1 つ前のメニュー構造に戻る
● 「 ↑ 」 ・・・選択している メニュー内の 1 ページ目に戻る
●  「◁、▷」・・・前のページ、次のページ

 

文字変更

図.5

メニュー作成での文字変更は、テキストの上で直接クリックすると文字入力できます。
 
画面上にもフォント変更のボタンありますね。マイビデオという文字がジャマな場合は全部消しても問題ないです。「Enter text here」と表示されます。
 
つまり「ここに文字を入力してください」ということです。このままディスク作成しても「Enter text here」は表示されず、空欄になっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか??今回の内容をまとめると、

  • ルートメニューに表示されている『シーン』からタイトル/チャプターメニューを開ける
  • メニューの構成は『シーン』 → 『タイトル』 → 『チャプター』
  • 文字編集はプレビュー画面でできる。MyVideo、再生、シーン、アイテム

以上となります。

この記事を書くまでにメニューボタンを何度も何度も押し、自分なりに検証を重ねました。ニッチな分野でしたが、わかりやすく書けたかなと思います。いかがでしたでしょうか??

メニューについての解説はこれくらいですかね。あとは自作メニュー編をアップしていこうと思います。

また、なにか発見がありましたら新しい記事を書きます!!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

【モリサワフォント】PowerDirectorユーザーは特典でダウンロードできる

2018.07.21

動画メニューのテンプレートをダウンロード

2018.07.18

【解説】PowerDirector ルートメニュー、タイトル チャプターメニュー の構造

2018.06.17

【使い方】PowerDirector 「メニューデザイナー」でタイトルチャプターメニューを編集する

2018.05.20

【使い方】PowerDirector 「メニューデザイナー」でルートメニューを編集する方法

2018.05.19

【使い方】PowerDirector オリジナル 自作メニューを作成 初心者向け

2018.04.18
スポンサーリンク