【360度動画】好きなアングルを切り取る 編集テクニック

みなさん、こんにちは!!

管理人のピーディー( @PD_bloger )です。

 
最近はもっぱら 360度動画の編集にハマっております。

近々、360度カメラを持って、紅葉スポットやイルミネーションなど魅力的な土地にロケ行きます。ご期待くださいませ。

 
 
さて、今回は 360度動画を面白く編集するコツを紹介します。

まずは、プレビューをご覧ください。最終的なゴールはこんな感じにします。

 
360度動画をそのまま出力するのも面白いのですが、こちらは違います。

今回は『360度動画の好きなアングルを切り取り、2D 動画として通常編集』をします。

 
見せたいアングルだけをいくつか切り取り、シーンを繋ぎ合わせるようにゆっくり再生させてくことができる『ビューデザイナー』について解説をしていきます。

スポンサーリンク

360度動画を読み込み

画面上にある縦横比を「16:9」にします。

読み込んだ360度動画・画像はサムネイル右上に「360」というマークが入っています。

 
※ 通常の360度動画編集の場合は縦横比「360」にします。

 

読み込んだ360度動画をタイムラインに入れ、「デザイナー」をクリックすると「ビューデザイナー」が表示されます。

ビューデザイナーで好きなアングルを選ぶ

ビューデザイナーが起動したら、プレビュー下にあるタイムラインに「表示の方向」欄にある ◇ をクリックします。

キーフレームの操作で、他編集機能でも活かせるので覚えておきましょう!

 

再生開始時のアングルにします。

360度動画なのでプレビュー画面上をスワイプします。もしくは、画面左の表示方向「X、Y、Z」軸の数値を変更することでもアングルを切り替えることができます。

 

次に再生ポイントをスライドし、◇ をクリックします。

その再生位置で表示させたいアングルをスワイプします。

 

終わりの位置まで再生ポイントをスライドし、◇をクリック。

再生終了時点で表示させたいアングルを調整します。

上図では ◇ が 3つあります。360度動画を再生すると ◇ を軸にアングルがぐるっと切り替わっていきます。

あわせて読みたい
キーフレームの使い方について別記事でも紹介しています。
 
詳細はこちら ⇒ 【動画編集】ぼかし・モザイクの入れ方 一部分だけ追従 後編 PowerDirector

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 
ビューデザイナーについて基本の操作を解説しました。

操作方法はシンプルです。再生位置でキーフレーム・好きなアングルを設定。

 
綺麗に見せるポイントはアングルの切り替え数は少なめにすること

色んなアングルを選び過ぎると、再生がスムーズにならずカクついてしまうので注意が必要です。

 
サンプルの映像はヘンテコなイラストが合成されていますが、ビューデザイナーでの操作は同じです。

 
イラスト合成についてはこちらをご覧ください。

⇒ 【THETA】360度画像を編集 イラストを追加・合成する 
 
   
ここまでお読みいただきありがとうございました。
 

ソフトウェアを用意できていないひとは、有料版と同じ機能の体験版を公式サイトでダウンロードできます!
  

 
   
最新版 PowerDirector 18 が販売中です!
 
強化ポイントをまとめました。
 
編集効率 UP』『タイトル編集の強化』『SNS 向け動画サポート
 
やはり、動画編集ソフト販売シェア№1 なだけあって使いやすいです!
 
いま流行りのサブスクリプション型モデルも熱くなってきています!
 
ぜひ、いちど 公式サイト をチェックしてみてください!

スポンサーリンク