【楽譜配布】AIを使って、音楽素人がボカロ制作を楽しむ【NEUTRINO】【夜明けと蛍 / 東北きりたん】

 
どうも、最近ボカロ音楽に夢中になり、DAWソフトを購入したピーディーです。
 
  
今回は、昨今ボカロ業界を賑わしている「AIシンガー」についての紹介と、
 
わたしが制作した楽譜と歌声データの配布
 
その歌声が出来上がるまでの工程を簡単に解説していきます。
  
 
音楽素人でも出来るので、興味があればぜひチェックしてみてください!
 

スポンサーリンク

NEUTRINO という神ソフトが現れる

2020年2月に突如あらわれたフリーソフトウェアが話題になっています。
 
 
その名も NEUTRINO という AIによる歌声調整支援ツールです。
 
 
これ、とんでもない機能を備えております。「え?なんで無料なん??」と500回くらい心の中で突っ込みました。
 
 
好きな楽譜を読み込ませるだけで、ボーカロイドの 東北きりたん が熱唱してくれます。
 
最近 YouTube で、東北きりたんが様々な J-pop を歌っているのを見たことはないでしょうか。

 


 
この手のボーカロイドは、音程やテンポ、歌詞によって、製作者が微調整をしないといけないのですが、
 
NEUTRINO は AI がすべて自動でやってくれます。
 
 
ボカロ初心者のど素人でも、超リアルに歌ってもらえる神ソフトです。
 
 
もう一度言います。
 
 
・・・無料です!

ざっくりと制作の流れを紹介してみる

まず、先に必要なものを列挙してから順番に概要を説明していきます。
 
●NEUTRINO ⇒ 楽譜データを読み込み、東北きりたんに歌わせる。
https://n3utrino.work/ 

●Musescore ⇒ 楽譜データを作成する。
https://musescore.org/ja 

●パソコン ⇒ 最近のスペックのパソコンであれば、短めの曲ならなんとか作れる。
 
●情熱と諦め ⇒ 性格の問題だが、やり出すとなかなか辞められなくなる。
 

Musescore

楽譜制作用のフリーソフトです。
 
シンプル・便利な構成でフリーとは思えないレベルです。
 
Musescore を使い、楽譜のデータを作成していきます。
 
「ド、、、レ、、ミ、、、、、ファ」みたいな感じでポチポチと音階を上げ下げしたり、
 
間隔を調整したりしていきます。
 
 
そして、出来上がったキーのすぐ下に歌詞(ひらがなで)を入力していきます。
 

 
ここで作成した楽譜データを NEUTRINO が AI で正確に読み取り、歌声を微調整してくれるという仕組みです。

 

NEUTRINO

AI が譜面を読み取り、人間に近いリアルな雰囲気で東北きりたんに歌わせます。
 
一見、難しそうですが、楽譜のデータさえあれば素人でもすぐにできます
 
ダウンロードしたバッチファイルをたたくだけで特別な作業は不要です。
 

 
ぜひ、わたしが作成した楽譜データを読み込んで遊んでみてください。

 
楽譜データはこちら。※きりたんの歌声データも梱包しています。
 
https://bowlroll.net/file/236737

Studio One 4(DAWソフト)※補足

曲を耳コピするというのが前提ですが、楽譜データは Musescore で作成するよりも、DAWソフトを経由した方が正確にできると思います。
  
一見遠回りに思えますが、Musescore での微調整が難しいからです。
 
 
DAW というパソコンの中で楽曲制作できるソフトの方が断然、操作性はいいです。
 
わたしはその中でもメジャーな Studio One 4 を使っています。
 

 
耳コピしたデータ(MIDI ファイル)を Musescore にインポートして楽譜データを作成しました。
  
 
出来上がったデータさえあれば、ちがうAIシンガーに歌わせることも可能です!!
 


  
いかがでしょうか。  
 
同じ楽譜データで東北きりたんと東北イタコが歌ってくれます。
 
しかも、微妙に良い感じに雰囲気が違うところがエモい。

 
せっかくの機会なので、わたしのデータを活用して遊んでみてください。
 
 

各ソフトの細かな使い方は別記事で解説しようと思います。
スポンサーリンク