会社内でだれも共感してくれない、いまを輝くアーティストたち

みなさん、こんにちは!
 
管理人のピーディー( @PD_bloger )です。
 
 
みなさんは「好きなアーティスト」っていますか??
 
 
えっ???
 
米津玄師
 
あいみょん
 
 
うん、いいですよね。ぼくも好きです。
 
 
 
でも、もっといるでしょう?!?!
 
  
CD、ライブチケット、グッズを衝動買いしたくなる、いまを輝く最高のアーティストたちが!!
 
 
 
この記事を読んでいる方々はもう、わかりますよね?
 
 
 
 
失礼しました。テンションおかしいですね。
 
 
 
実は、イチ押しアーティストのライブチケットが当選し、このように舞い上がっているのです
 
本題に入りますよ~!

スポンサーリンク

美波

神曲「ライラック」


  
21歳のシンガーソングライター美波(みなみ、Minami)を中心にしたバンドです。
 
先月末に TVアニメ「ドメスティックな彼女」の OP テーマ曲「カワキヲアメク」でメジャーデビューを果たしました。


ドメスティックな彼女(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 
 
YouTube には多数の MV がアップされていますが、『美波』本人の素顔は非公開になっています。
 
美波を見たければ、ライブに行くべし! ← めちゃくちゃ可愛いです
 
ちなみに「ライラック」の MV に出てくる鳥は実在します!超カラフルで美しい!

 
新曲「カワキヲアメク」  


 
この若さ(21歳)で描き出す言葉の世界も魅力的です。
 
『叫び声』もたまらないです。
 
 
実際にライブに行ってみると、原曲以上の激しい歌声で、思わず涙が出そうになるほどです。
 
※夏のライラックツアーに行ってきた様子です ↓↓
美波 2018 SUMMER TOUR “LILAC” final 行ってきました!
 
 
 
前回に続き、今回「カワキヲアメク」ONEMAN TOUR の追加公演のチケットに当選しました!!!!
  

 
別日程のライブチケットを購入する予定でしたが、一般販売チケットが「開始後、ほぼ1秒で完売」という規格外の人気っぷりに。システムエラーが発生しているかと思いましたよ。

  
ファンの悲痛な叫びが美波スタッフ陣に届いたのか、東京・大阪の追加公演が決まりました!
 
神!
 
ライブが楽しみ過ぎる!!!

これをモチベーションにして、4月21日の資格テストの勉強を頑張れる!!!!
 

ヨルシカ

思わず踊りだしたくなる「言って。」

  
コンポーザーの”n-buna”がボーカル”suis(スイ)”を迎えて結成したロックバンドです。

n-buna が創り出す密度のある音楽、口ずさみたくなる歌詞、suis の透き通った声、曲にマッチしたアニメーションが、もはや芸術的です!
 
 
一度耳にすると脳内で何度もリピートされる中毒性のある音楽に多くのファンが夢中になっています。
 
「藍二乗」

 
4月には 1stフルアルバム「だから僕は音楽を辞めた」が発売予定です。
 
もちろん、予約しました。
 
最近、ライブ活動はされていない様子ですが、ヨルシカのライブにもぜひ行ってみたい!! 
 
ヨルシカ「だぼやめ」初回生産版限定版のCDキター!
  

ずっと真夜中でいいのに。

神曲『秒針を噛む』

 
突如現れた、ずっと真夜中でいいのに。通称、「ずとまよ」
 
ずっと真夜中でいいのに。はボーカル ACAね を中心にしたバンドという情報だけで、謎の多いアーティストです。
 
『秒針を噛む』が YouTube 上にアップされると再生数はぐんぐんと上昇し、あっという間に 1,000万再生を突破してしまいました。
 
CD はもちろん、購入です。
 

 
初回限定の CDにはポスターと楽譜がついてきました。
 
ちなみに、上の段ボールサイズが大きかったのは、ポスターが入っていたからでした。
 
 
 
新曲『眩しいDNAだけ』

 
素性がまったくわからないにも関わらず、この話題性は異常です。
 
4月に東名阪ツアーが決まりました。
 
ライブに行きたいですが、東京の日程は平日金曜です。会社を休むか迷っています(有給休暇はもう残っていない・・・)。
 

三月のパンタシア

一度聴いたら頭から離れない『青春なんていらないわ』

 
『終わりと始まりの物語を空想するボーカル「みあ」を中心としたクリエータープロジェクト』です。

通称、「三パシ」です。
 
コンポーザーにはヨルシカの「n-buna」も関わっています。
 
美波、ヨルシカ、ずとまよのファンは三月のパンタシアのファンです。これは方程式です。
 
一般常識問題です。しっかりチェックしておいてください。
  
 
『三月がずっと続けばいい』

 
三月の代名詞は「パンタシア」です。
 
 
アルバム『ガールズブルー・ハッピーサッド』が発売されています。
 
もちろん買いました。
 
 

 
6月にはワンマンライブ「ガールズブルー・ハッピーサッド」の開催が決定しました。
 
もちろん、ライブチケットの先行予約をしました。

そして、三パシのライブチケット当選!!!!!

 
三月のパンタシアも同様にあまり本人の情報がないので、ライブに行けたら色々情報共有しますね!
 

ライブに行けないもどかしさ

「美波」「ヨルシカ」「ずっと真夜中でいいのに。」「三月のパンタシア」は曲調、MV のユニーク性、素性がよくわからない点などで共通しています。
 
ぼくは「ヨルシカ」⇒「美波」⇒「ずとまよ」⇒「三パシ」の順でハマっていきました。
 
CD、ライブ にここまでお金を費やすことなんて、今までなかったです。
 
彼女たちのメロディー、歌声は中毒性があり、ずーーーーっとリピート再生していても飽きない。
 
 
ジャンルは違いますが、AKB にどっぷりハマっているオタクたちの気持ちが少しわかります。ちょっと違うかな? 
 
 
会社内で熱く語り合いたいんですが、いまだに彼女らの存在を知っている人に遭遇しないんです。
 
寂し過ぎる。
 
だれか、ぼくの熱い気持ちと寂しい気持ちに共感してくれる人いないですか?

スポンサーリンク