ヨルシカのライブは芸術的な舞台でした Live Tour 「月光」2019【美波・ずとまよ。・三パシ・ヨルシカ制覇】

 
とうとうこの日がやってきました。
 
ヨルシカ Live Tour 2019「月光」@新木場STUDIO COAST
 
 
この2~3年でいちばん感動する LIVE でした。
 
 
なにが感動するって、演出のこだわりが最高!
 
それは、YouTube で慣れ親しんだ MV の世界を現実世界で描いた 舞台 だったところです。
 
「トーク」「アンコール」なし。アートでした。
 
 
バンドのクオリティーも想像を軽く超えてきてくれました。
 
 
ヨルシカの LIVE にまた行きたいと思う素敵な1日になりました。
 
ヨルシカありがとう!
 

スポンサーリンク

LIVE レポート

 
先に LIVE のレポートから始めていきましょう。
 
会場の雰囲気レポートも追記するのでご興味があれば読んでみてください。
 
 
 
ライブハウスのキャパが MAX のため、開園時間になってもお客さんが入りきらず、会場内がざわついていました。
 
 
19時15分頃でょうか。
 
ようやく、照明が落ちます。
 
 
n-buna の詩がステージのスクリーン上に映し出されます。
 
読み上げているのは… n-buna でしょう。
 
 
ラジオと同じ声です。
 
 
でも、プロジェクターが投影する映像だけで、まだ人の姿は見えません。
 
n-buna は夢の世界で鯨になって海の底を潜っている設定なのか?
 
 
会場のお客さんは、開始2秒でヨルシカワールドに惹き込まれている模様です。
 
 
毎度のごとく、LIVE 後の細かな記憶はほとんど残っていないです。
 
気づくと、ステージの真ん中に2人 suis と思われる女性ボーカルと、n-buna と思われるギターボーカルが立っていて曲が始まります。
 
なんか、すべてがカッコいい。
 
ちなみに、選曲はアルバム「エルマ」と「だから僕は音楽を辞めた」を中心に構成されています。
 
 

 
 

世界観を描くことにこだわり抜いたのでしょう。そういうの好きですよ。
 

suis と n-buna の姿

 
で、肝心の2人の顔なのですが、やはりはっきりと見えないかったです。
 
先頭にいた人は見えたのかな?
 
 
スモークがかかっていたので、はっきりと顔は見えなかったが、間違いなく suis はかわいい。
 
 
髪型はボブっぽい感じ(この辺疎いので勘弁)で、自分的には本田翼に見えました。
 
 
・・・例えが、本田翼しか思いつかなかったんですが、中盤くらいからバッサーのような美しい人がステージに立って唄っていると想像して観ていました。
 
 
suis の隣にいる明らかに男前のギタリストは n-buna でしょう。
 
 
雰囲気が米津玄師ぽい。
 
 
この業界はみんな雰囲気が似てくるのかな?かっこええ!
 
 

LIVE ではなく、「舞台」でした

 
今回もっとも心に響いたのが、演出です。
 
「ヨルシカ」という舞台を観ているような、
 
 
 
1時間半の間、ぶっ続けです。
 
LIVE トークは一切なし。
 
その代わり、スクリーンに風景や、海の映像、そして、詩を映し、n-buna が感情を込めて読み上げることで、場面を切り替えるという粋な演出がありました。
 
 
今まで行ってきた LIVE とはまったく異なるスタイルで、新感覚
 
 
LIVE にはペンライトの持ち込みを禁止していたのですが、この舞台を魅せるためだったんでしょう。
 
照明も普段の LIVE よりもカッコいい。
 
なにかが違う。なにが違うかはわからないけど。
 
 

荒れ狂った久石譲?!

舞台のような演出も感動ですが、バンドのクオリティーも高かったです。
 
 
なかでも、キーボードが目を見張りました。
 
 
荒れ狂った久石譲か?!
 
 
表現が意味不明ですが、LIVE に行った人は共感できるのではないでしょうか?!
 
どう??共感できるなら、Twitter でコメントちょうだい!
 

 
わたしはヨルシカのバンドスコアを買っているのですが、基本、ヨルシカの曲って難しいんですよね。
 
 
特にキーボードって聴いていて、惹き込まれません?
 
あの、エモーショナルなメロディーをあれだけ(荒れ狂いながら)弾きまくる姿に惚れました。
 
 
 
ほんとカッコいいな~。
 
語彙力が乏しく、うまく伝えることができないのが申し訳ないです。
 
 
ちなみに、n-buna はソロギターはかっこよく弾きまくっていました。
 
 
suis は原曲を超える歌唱力です。
 
suis が歌が上手いことは、みんなわかっています。
 
みんなの前で歌っていくれている。
 
それだけで感動しました。
 
 
 
 
LIVE も1時間半ほど経ち、n-buna が読み上げる詩も核心に迫ってきたところで、
 
最後に、それは
 
 
「・・・走馬灯だった。
 
 
と読み上げた瞬間に「だから僕は音楽を辞めた」のバスドラが鳴り始めると、会場内が感動のあまり凍り付きました。
 
 
思い出すだけでも、心が震えてきます。
 
 
曲を終え、最後に2人が深々とお辞儀をして「舞台」が終わりました。
 
自然と誰ひとり「アンコール」と叫ぶ人はいませんでした。
 
 
それだけ完全に会場を支配するヨルシカワールドでした。
 

もちろん感動

ここまで書き綴ってきたとおり、これほど心震えた LIVE は過去なかったです。 
 

美波、ずとまよ、三パシの LIVE にも行き感動してきました。

全然、優劣をつけるつもりはないです。

ただ、ヨルシカの LIVE はわたしのどストライクでした。

【楽譜配布】AIを使って、音楽素人がボカロ制作を楽しむ【NEUTRINO】【夜明けと蛍 / 東北きりたん】

2020年9月19日

会社内でだれも共感してくれない、いまを輝くアーティストたち

2019年2月17日
スポンサーリンク