【動画編集のコツ】かっこいいエフェクト!PowerDirector テクニック

みなさん、こんにちは!!

管理人のピーディー(@PD_bloger)です。

動画編集をするなら、やっぱりかっこいい動画を作成したいですよね

PowerDirector には便利なかっこいいエフェクトが用意されています。

しかも、使い方が超簡単!

その名も『ブレンドエフェクト』です。みなさんは使っていますでしょうか??

応用も利く効果なので、ぜひ一度利用してみてください!

スポンサーリンク

ブレンドエフェクト初級編

今回はブレンドエフェクトとはどのような効果なのかざっと解説をします。

応用編は次回以降に解説をします。

まずは 5秒ほどのサンプルをご覧ください。

このように『ブレンドエフェクト』は画像・動画に特殊な光沢・レンズフレアなどを合成できます。

 
また、DirectorZone からいくつか無料でダウンロードできます。

※ DirectorZone についての解説はこちら ⇒ 動画メニューのテンプレートをダウンロード 
 
どのような効果かはざっくりイメージはついたかと思います。

実際に使い方を見ていきましょう!!!
 
 

ブレンドエフェクトの操作

基礎の基礎。画像・動画の読み込み

 
これは基本ですね。

画像・動画どちらでも OK です。タイムラインに放り込んでください。
 

『ツール』を選択する

 
タイムラインに入れた画像・動画をクリックしてから、『ツール』を選択します。

メニューが表示されるので、『ブレンドエフェクト』を選びましょう。

 

『ブレンド エフェクト』が表示される

 
数種類のブレンドが用意されています。

一覧から好みのエフェクトを選択し、プレビューで再生すると、どのような効果なのか確認できます。

「ブレンドモード」は色合いを、「不透明度」はスライダーでエフェクトの透明度を調整できます

  

ブレンドモードの詳細は以下の通りです。

 
● 標準・・・ 画像・動画とプリセットの色をその まま重ねた色合いになる
● 比較(暗)・・・画像・動画とプリセットの暗 い方の色で合成される
● 比較(明)・・・画像・動画とプリセットの明 るい方の色で合成される
● 乗算・・・画像・動画とプリセットの色を混ぜ た色合いになる
● スクリーン・・・ 画像・動画とプリセットの暗 い方の色が透過した色合いになる
● オーバーレイ・・・暗い色では「乗算」に、 明るい色では「スクリーン」になりる 
● 差の絶対値・・・画像・動画の白い部分は反転し、黒い部分はそのまま合成される
● 色相・・・プリセットの色相とビデオの明 度と彩度が合成される

 
この辺は実際にプレビューで見て試してください。その方がわかりやすいです

 

 
OK を押し、再生すると「キラーン」と輝いたエフェクトが適用されます。

あら、簡単。

タイムラインに新しく「ブレンドエフェクト」のクリップが加わっており、そちらで再生位置の調整や所要時間の変更などもできます

補足。ブレンドエフェクトを重ねることもできる

 
先ほどと同じ操作で「ブレンドエフェクト」を追加することができます。

トラック 2、3 に「ブレンドエフェクト」が加わっているのがわかりますね。

もちろん異なる種類を入れることができるので、よりキラキラ輝かせることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 
『ブレンドエフェクト』ってかなり簡単に利用できるエフェクトなのに、画像・動画を際立たさせてくれますよね。

 
使いまくるとウザったくなりますが、ここぞと強調したいシーンで『ブレンドエフェクト』を入れてあげるとかっこよくなります!

 
大空、大海原、大自然、大都会とかの画像・動画で使うとかっこいいと思います。

こちらで「フレア」で検索するとサンプルがたくさん出てくるので参考にしてみてください。

オーダン(フリー素材) 
 
 
別でサンプルを作成してみました。蝶々が 5匹います(フェードで 1匹ずつゆっくり出現します)。

探してみてください~ ↓  ↓


 
 
 
ちなみに、「 テキスト・文字入力」でもキラキラしたエフェクトを入れられるようになりました!

詳細はこちら ⇒ 【文字入力】テキストに特殊なエフェクトを加える 最新機能!
 
 
最新版 PowerDirector17の新機能になりますので、体験版でチェックしてみてください!
 

 
ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク