簡単にセキュリティ向上『WAF設定』+ エックスサーバーからのお知らせ

みなさん、こんにちは!!

管理人のピーディー( @PD_bloger )です。

今日(7/18)エックスサーバーインフォメーションから『Webサイトのセキュリティを強化する「WAF設定」機能提供開始のお知らせ』というメールが届きました。

 
エックスサーバー のサーバーパネルから、ウェブサイト上のセキュリティ機能を向上させる設定を、エックスサーバー契約者(全プラン対象)に無料で提供してくれるそうです。
 

あわせて読みたい
必須!常時 SSL 化!!忘れているとヤバい!!!
詳細 ⇒ ChromeでHTTPサイトに「保護されていません」警告~常時 SSL 化設定まとめ

スポンサーリンク

WAFとは

WAFとは「Web Application Firewall(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)」の略称で、Webサイト上で動作するプログラムの脆弱性に対する主要な攻撃を幅広く防ぐことを目的としたセキュリティ対策です。
 
 
Webサーバーの前段に設置して通信を解析・検査し、こうした攻撃からWebサイトを保護し、不正ログインを防ぐ役割で用いられます。
 

WAF設定について

とても簡単な操作設定なので一度確認してみてはいかがでしょうか?

エックスサーバー 公式ホームページ「ログイン」

サーバーパネルにログインをします。
 
 
 

サーバーパネルの右下の方に「セキュリティ」欄に『WAF設定』があります。こちらをクリックします。
 
 
 

使用しているブログのドメイン「〇〇〇〇.com」を選択します。
 
 
 

各項目の「変更」欄にある「ONにする」を押すと「状態」が『ON』になります。これで設定完了です。
 

エックスサーバーからのお知らせ

今回のセキュリティ設定のように、エックスサーバーからは定期的に必要な情報が送られてきます。少し前には PHPプログラムの更新のお知らせも来ていました。

エックスサーバーからのお知らせメールを未読スルーしている方は一度読み直してみることをおすすめします
 
 
メールの登録していない場合は、エックスサーバーのインフォパネルからも確認できます。
 
エックスサーバー 公式ホームページ「ログイン」

インフォパネルにログインをします。
 
 
 

ぜひチェックしてみてください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

Akismet Anti-Spam(アンチスパム)設定まとめ【2018年版】

2018年7月18日

アドレスバーの「保護されていません」を消す。常時SSL化設定

2018年7月17日

ブログを始めるときの面倒な作業をまとめて解説

2018年7月15日
スポンサーリンク