360度動画のクロマキー合成のやり方解説【PowerDirector】

今回は360度動画にクロマキー合成をする方法を解説してみようと思います。
これだけだとイメージがわかないと思うので、まずは2つの完成動画をご覧ください。

サンプル動画

▼360度動画
※画面を自由自在に動かせます(PCであれば、上下左右 ⇒ WSAD、拡大縮小 ⇒ テンキーの+ -)

動画の解説

見ていただいてイメージはつかめましたでしょうか。作成方法はシンプルで360度画像の上にクロマキー合成で別動画を貼り付けているだけのシンプルな構成です。多少はバランス調整したり、BGMに手を加えたりしていますが、誰でもかんたんに編集できるクオリティの動画です。

ショート動画でも編集方法を解説しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

PowerDirector映像部(@powerdirector_jp)がシェアした投稿

 

また、こちらの記事でも詳しくクロマキー合成について解説しているので気になる方はチェックしてみてください。

▼あわせて読みたい記事
【クロマキー入門】脱初心者!!グリーンバックで背景合成しておもしろ動画を作ってみよう!
 

PowerDirector(パワーディレクター)をおすすめする理由

公式サイトでは、PowerDirector がセール期間中 最大30%オフになっています。また、無料体験版もダウンロードすることができます。

\ PowerDirector をまだお持ちでない方は /

      
★PowerDirector おすすめポイント★

・7 年連続 “国内販売シェアNo.1” 動画編集ソフト
・動画出力の時間が他社よりも圧倒的にスムーズ 
・豊富なテンプレート、編集素材あり
・特殊な加工がだれでも簡単に利用できる
・Adobeより圧倒的にコスパ良し!
・無償ユーザーサポート付き
・Mac対応!