【動画編集】 字幕を入れる方法 PowerDirector

みなさん、こんにちは!!

管理人のピーディー ( @PD_bloger ) です。

動画を撮影し、だれかがメッセージを発信しているときは字幕を入れたいですよね。
 
今回は PowerDirector の動画編集をするときに必要な『字幕』を入力する方法を解説していきます。

スポンサーリンク

PowerDirectorをおすすめする理由

公式サイトでは、PowerDirector の無料体験版をダウウンロードすることができます。セール期間中は25~30%オフになっているので、ぜひ、チェックしてみてください!
 

    
サブスクリプション版 PowerDirector 365 だと、全機能と最新コンテンツを利用できるのでお得です!
  
★PowerDirector おすすめポイント★

・6 年連続 “国内販売シェアNo.1” 動画編集ソフト
・動画出力の時間が他社よりも圧倒的にスムーズ 
・編集素材、テンプレートが豊富
・特殊な加工がだれでも簡単に利用できる
・無償ユーザーサポート付き
・ついにMac対応!
 

字幕ルームを開く

図.1

動画編集の作業がひと段落したら、「字幕ルーム」を開きます。
 
画面左上の「字幕ルーム」という「…」マークをクリックします。
 
 
 
図.2

「字幕ルーム」を開くと、そこから文字を入力することができます。

字幕ルームの下に「 + 」マークをクリックします。
 
 
 
図.3

再生ポイントがあるところに文字を入力することができます
 
再生ポイントをスライドしていき、字幕を入力したいタイミングで、字幕ルームの「 + 」をクリックします。「字幕テキスト」に文字を入力していきます。
 
 
 
図.4

字幕をどんどん入力していきます。
 
時間の調整は、タイムライン上の青いスライド左右に移動します。または、字幕ルームから時間を直接入力するのも OK です
 
 
 
図.5

コツは、一気にメッセージを入力するのではなく、一定の間隔で一文ずつメッセージを区切って入力していきます。
 
操作しにくい場合は、画面左下に「拡大」ボタンがあるので画面を大きく表示させます。
 
 

字幕の位置を調整

図.6

画面中央の矢印マークをクリックすると「位置」が表示されます。

「X 位置」は横へ、「Y 位置」は縦に字幕の位置を調整することができます。
 
 
 
図.7

たとえば、X 位置、Y 位置をデフォルトから数値を変えると、字幕の位置を移動させることができました。

基本、デフォルトのままでいいと思いますね。
 
 

まとめ

結論、字幕入力はとてもシンプルです
 
文字を入力したいところに再生ポイントをあわせる。字幕を入力する。

コツは、文章は一文ずつで、細かく区切ることです。とてもシンプルな操作なので積極的に活用しましょう。

スポンサーリンク