【文字入れ】PowerDirector(パワーディレクター)タイトル・テキスト挿入 初心者編

PowerDirector(パワーディレクター)での動画編集の基本操作は慣れてきましたでしょうか??
 
今回は、文字入力の超初級編をご紹介します!

撮影してきた動画にテキスト(動画タイトル、撮影地名、セリフ、補足説明など)を入れるだけでも、動画に自分の個性を表現できます。動画に文字を入れて、ワンランクアップした作品を作ってみましょう!!
 
友人・家族にプレゼントする動画、YouTube にアップするなら必須のテクニックですよ!
 
応用できれば、歌詞入りの動画編集も楽勝です。

縦書きでかっこいい歌詞動画を編集【PowerDirector(パワーディレクター)】

2022年8月23日
 

スポンサーリンク

PowerDirector(パワーディレクター)をおすすめする理由

公式サイトでは、PowerDirector がセール期間中 最大30%オフになっています。また、無料体験版もダウンロードすることができます。

\ PowerDirector をまだお持ちでない方は /

      
★PowerDirector おすすめポイント★

・7 年連続 “国内販売シェアNo.1” 動画編集ソフト
・動画出力の時間が他社よりも圧倒的にスムーズ 
・豊富なテンプレート、編集素材あり
・特殊な加工がだれでも簡単に利用できる
・Adobeより圧倒的にコスパ良し!
・無償ユーザーサポート付き
・Mac対応!

文字入力の基本操作 難易度:★★

今回も「フル機能エディター」を利用します。
 
さっそく動画・画像を読み込みましょう!
 
分からない場合は前回の「 あるあるスマホの縦横比 」でメディアファイルの読み込み方法をチェックしてください。
  
図.1

 ↑ 画像を読み込んじゃいます。ガンガン進めていきますよ

文字を入力するには、まずタイトル ルーム

図.2

まずは、画面左端の「T」をクリックします。すると、タイトルのテンプレートがずら~~っと出てきます。
 
 
テンプレの中にある「デフォルト」をタイムライン「T」の行にドラッグします。
 
この「T」っていうのは「タイトル」のイニシャルのことですね。

タイトル デザイナーで文字入力

図.3

タイムラインに入れた「デフォルト」タイトルをダブルクリックすると、「タイトルデザイナー」という文字入力を細かく編集するための画面が出てきます。
 
 
これを使って、文字、色、大きさ、フォントなどを変更していきます
 
 
デフォルトでは「マイタイトル」という文字が入っています。まずは左上の文字入力欄から文字を再入力しましょう。※ プレビュー画面から直接、文字入力もできます!
 
 
ひとまず、これが基本です。

図.4

では、文字の色、大きさ、フォントなどを変えていきましょう。
とりあえず、ベタ打ちで文字を入力してから、画面左側のオブジェクトから好みの文字にしていきます。

サンプル

近所の公園で撮影してきた動画に簡単な文字を入力してみましょう。
はじめのうちは、色・フォントはシンプルなものを使ってみるとよいでしょう。
 
サンプル図

プレビュー右下にある「田」マークを押すと、入力した文字の配置バランスを調整するメニューが出てきてくれます!
 
こいつはありがたいです。
 
好きな位置に文字を入れるのも良し。文字をきっちり配置するのも良し。

PowerDirectorの機能をMaxにする方法【Application Manager を使いこなす】

2022年5月3日

動画編集でかっこいい動く文字を入れる方法【PowerDirector のテンプレートが便利】

2018年11月18日

【THETA】PCで360度画像編集 イラストを追加合成

2018年8月15日

PowerDirector(パワーディレクター)便利なテンプレートでかっこよく動画編集 『クイックプロジェクト』

2018年6月8日