動画編集でかっこよく文字を入れる方法【PowerDirector のテンプレートが便利】

今回は「文字に特殊なエフェクトを加える」操作方法について解説していきます。
 


 
曲の開始序盤に簡単なエフェクトを加えています!ボタンひとつで迫力が断然違う!
  
ひとまず、今回は基本編です。
 
そのうち、こちらの動画作成方法も解説していくのでお楽しみに!

スポンサーリンク

文字入力は今まで通り

画面左上の「 T 」をクリックすると「タイトル ルーム」が開きます。

扱いやすい「デフォルト」をタイムラインに入れます。

 ※ 文字入力の基本はこちら
 ⇒ 【文字入力】PowerDirector タイトル・テキスト挿入 初心者編

タイムラインに入れた「タイトル」をダブルクリックすると「タイトル デザイナー」が表示されます。

テキストを細かく編集するためのお馴染みの画面です。

画面上部「基本」「詳細」という見出しがあります。「詳細」を選択しておきましょう。

さくっと文字を入れていきます。

① 文字入力、② フォントを「モリサワフォント」に変更、③ 文字の色を変更・・・

まぁ、テストなのでこんな感じでいいでしょう。

ついでに、あとひとつ。

「オブジェクト」の中にある「フォント」を選択します。

文字の「グラデーション」を変更してみましょう。

塗りつぶし種類」を選択し、文字を数色のグラデーションで構成してみます。

「開始」はすでに選択されている文字の色です。「終了」に新しい文字の色を加えます。

グラデーションの方向」で色のバランスを調整するとことができます。

新機能「特殊エフェクト」を使う!

画面左上「エフェクト」を選択し、見出し「特殊エフェクト」を開きます。

6 種類の特殊なエフェクトが表示されます。

入力している文字に合ったエフェクトが適用されます。「ライト」を選ぶと、「サーーフィンっ」という文字の周りにキラキラした効果が現れます。

「炎」はこんな感じ。

・・・海に炎は合わないな。

「ルック」「サイズ」「カラー」で、効果の大きさ、色合いなどを細かく修正することができます。

「サイズ」を大きくすると、エフェクトが目立ちます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
普通のテキストに飽きてしまったら、特殊エフェクトを使って気分転換してみてはいかがでしょうか?
 
有料版と同じ機能の体験版を公式サイトでダウンロードできます!
   
 

 
   
最新版 PowerDirector 18 が販売中です!
 
強化ポイントをまとめました。
 
編集効率 UP』『タイトル編集の強化』『SNS 向け動画サポート
 
やはり、動画編集ソフト販売シェア№1 なだけあって使いやすいです!
 
いま流行りのサブスクリプション型モデルも熱くなってきています!
 
ぜひ、いちど 公式サイト をチェックしてみてください!

トップ画面左に 『無料体験版』もあり!
    

サムネイルに力を入れると魅力的な動画になる【PowerDirectorで動画編集】

2018年7月31日

【モリサワフォント】PowerDirectorユーザーは特典でダウンロードできる

2018年7月21日

【文字入れ】PowerDirector タイトル・テキスト を動かす

2018年4月9日
スポンサーリンク