【文字入力】テキストに特殊なエフェクトを加える 最新機能!

みなさん、こんにちは!

管理人のピーディー( @PD_bloger )です。

今回は 最新版 PowerDirector 17  の新機能を紹介します。

解説するのは「文字に特殊なエフェクトを加える」操作方法です。

簡単に使えるのでぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

文字入力は今まで通り

画面左上の「 T 」をクリックすると「タイトル ルーム」が開きます。

扱いやすい「デフォルト」をタイムラインに入れます。

 ※ 文字入力の基本はこちら
 ⇒ 【文字入力】PowerDirector タイトル・テキスト挿入 初心者編

タイムラインに入れた「タイトル」をダブルクリックすると「タイトル デザイナー」が表示されます。

テキストを細かく編集するためのお馴染みの画面です。

画面上部「基本」「詳細」という見出しがあります。「詳細」を選択しておきましょう。

さくっと文字を入れていきます。

① 文字入力、② フォントを「モリサワフォント」に変更、③ 文字の色を変更・・・

まぁ、テストなのでこんな感じでいいでしょう。

ついでに、あとひとつ。

「オブジェクト」の中にある「フォント」を選択します。

文字の「グラデーション」を変更してみましょう。

塗りつぶし種類」を選択し、文字を数色のグラデーションで構成してみます。

「開始」はすでに選択されている文字の色です。「終了」に新しい文字の色を加えます。

グラデーションの方向」で色のバランスを調整するとことができます。

新機能「特殊エフェクト」を使う!

画面左上「エフェクト」を選択し、見出し「特殊エフェクト」を開きます。

6 種類の特殊なエフェクトが表示されます。

入力している文字に合ったエフェクトが適用されます。「ライト」を選ぶと、「サーーフィンっ」という文字の周りにキラキラした効果が現れます。

「炎」はこんな感じ。

・・・海に炎は合わないな。

「ルック」「サイズ」「カラー」で、効果の大きさ、色合いなどを細かく修正することができます。

「サイズ」を大きくすると、エフェクトが目立ちます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最新版 PowerDirector 17  の新機能、いままでの文字入力に新しいエフェクトを加えることができます。

普通のテキストに飽きてしまったら、特殊エフェクトを使って気分転換してみてはいかがでしょうか?

まだ、PowerDirector を持っていない方は無料体験版で遊んでみてください!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【画像編集】オリジナル ポスターの作り方!AI、テンプレートで簡単にできる!?

2018.11.18

【旅行】おしゃれなオープニングビデオを作成するコツ!文字入力テクニック

2018.07.31

【モリサワフォント】PowerDirectorユーザーは特典でダウンロードできる

2018.07.21

【文字入力】PowerDirector タイトル・テキスト を動かす

2018.04.09
スポンサーリンク