【文字入力】PowerDirector タイトル・テキスト を動かす

みなさん、こんにちは!!

管理人の ピーディー ( @PD_bloger ) です☆

本日も毎度おなじみの PowerDirector の編集操作についてのご紹介です。

前回、ご説明した「 PowerDirector 文字入力、タイトル・テキスト 初級 」の続編ということで解説していきます!!

動画編集をするなら、文字入力!
 
 
かっこよく、ウザくならないくらいにバランスよく工夫をするだけで、中級者~上級者にランクアップできますよ!
 
  
 
新しいフォントをダウンロードする方法はこちら

⇒ 「 【モリサワフォント】PowerDirectorユーザーは特典でダウンロードできる
 
 

スポンサーリンク

文字入力の基本

前回の復習

図.1

文字入力の基本は、トラック 1 の真下にある「 T 」へタイトルテンプレートをドラッグします。一番使い勝手の良い「デフォルト」で OK です。
 
 
補足ですが、動画編集をするうえで「タイムライン」、「トラック」の役割を理解できると別の編集作業にも応用が利きます。
  
せっかくなので、ここで簡単に解説しちゃいます。
 
 

タイムラインの仕組み

● 横軸・・・時間の目盛があり、右へ進むと時間が経過していきます。右へ右へ動画、画像をドラッグしていきます。

● 縦軸・・・「トラック 1 」、「トラック 2」、「トラック 3」、「 T 」と段があります。動画編集するうえで重要な役割「レイヤー」という階層を意味します。

イメージ図

タイムライン上の「トラック 1」 が一番下の階層になります。その上に「トラック 2」の画像が重なる。さらに画像の上に「 T 」の文字(タイトル・テキスト)を重ねるという仕組みがレイヤーです。
 
 
応用すると 1つの画面に複数の動画・画像を入れることができます。
 
 ⇒ 【動画編集】ワイプを簡単に入れる方法 PowerDirector
 
画像編集も同じ仕組みでレイヤーを追加し上へ上へ画像を重ね合わせます。

 ⇒ 【アート】バンクシーの「風船と少女」を作ってみよう 
 
 

タイトル デザイナーで細かく調整

図.2

タイムラインに入れたタイトル クリップをダブルクリックして「タイトル デザイナー」を出します。
 
この画面から文字入力の細かな編集をしていきます。
 
 
細かな編集作業は「タイムラインに入ったクリップをダブルクリック」⇒「〇〇 デザイナー」と覚えておきましょう。
 
 

フォントの変更

図.3

画面左側の「オブジェクト」もしくは、右側のテキストを直接、ダブルクリックで青四角を出します
  
※テキストの上を直接ダブルクリックして、フォントを変えちゃった方が便利そうですね。
 
 

エフェクトとは?

赤四角をクリックしましょう!

図.4

今回の記事は中級編です。
 
文字を入れるだけでなく、文字に動きをつけてみようと思います。画面左側の見出し「エフェクト」をクリックします。
 
  
文字を動かすためのテンプレートが表示されます。
 
マウスポインタを合わせると、どのように文字が動くかサンプルを確認できます
 
 
もちろん、なにも設定していない状態では「エフェクトなし」になっています。なにも動きがなく、そのままずーーーっと文字が表示されているだけです。
 
 

エフェクトを加える

図.5

テンプレートの「ロール(左へ)」を選択してみました。
 
 
すると、
 
 
なんと、
 
 
「千鳥ヶ淵公園」と入力した文字が、
 
 
 
プレビュー画面の右端から・・・・・・
 
 
 
コロコローーーっと左へ転がってくるではありませんか!!!!!
 
  
た、、たのしいw
 
 
テンプレートはたくさんあるので、ぜひ色々試してください。
 
 
 

あわせて読みたい
PowerDirector には優秀なテンプレートがたくさんあります。
 
テンプレートを使うと画像を簡単に動かすこともできます。
 
 ⇒ 【使い方】PowerDirector マジックモーションでスライドショーを簡単に編集する
 
 

開始、終了 エフェクト

図.6

注意したいのが、「エフェクト」設定をしても、再生時間中ずーーーっとコロコロ転がっているわけではないです
 
 
プレビュー画面のすぐ下にある時間軸を見てください。
 
緑色が濃いところと、薄いバーがあります。
 
青四角 (開始エフェクト)橙四角(終了エフェクト) の箇所にエフェクトが加わります。
 
 
応用すると、

前半の 青四角 の再生位置で「ロール(左へ)」を使用し、後半の 橙四角 の再生位置では別のエフェクト(ex.「ロール(右へ)」)など別のエフェクトを 2 回選択できるのです。コロコロ、コロコロ転がせます。
 
 
使いこなせると、文字が「ふわっと」出てきて、「しゃきーん」と文字が消えるみたいなこともできますw
 
伝わりますか?w
 
 

エフェクトの保存方法

図.7

便利なことに、作成した PowerDirector では作成した「タイトル、テキスト」のテンプレートを保存することができます
 
エフェクトを加えたり、フォントを変更したりした文字を保存し、使いまわす方法を紹介します。
 
 

図.8

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、タイトルデザイナー画面右下に「名前をつけて保存」があります。

ここで編集した文字設定に名前をつけて保存ができ、別の動画・画像にも使うことができます
 
 
「意味あるの?」って思った人は、まだまだですよ。
 
 
 
PowerDirector は便利ではありますが、編集作業って、なんだかんだ時間・手間が掛かります。
 
 
使いまわせる「タイトル・テキスト」があると、編集作業を効率化でき、さらに別の応用テクニックにも力を入れることができます。必須ですよ!
 
 
保存する場合は、パッと見てどのような内容かわかる名前にしておきましょう!!!
 
 
 
 
保存したテンプレートの場所は、、、
 
 
 

図.9

タイトル ルーム」の「カスタム」に入ります。別のプロジェクトでも使えます。
 
作ってみて、「いいな」と思ったテンプレートはどんどん保存して、編集の時間短縮ができるようにしていきましょう!
 
 

まとめ

  • タイトルのエフェクトはとても簡単なのでどんどん使用しましょう
  • 作成したテンプレートはしっかり保存しましょう
  • テンプレートは次回以降、さらに別の新規プロジェクトでも使えるので作業効率 UP できる

 
 
本日は、以上になります。
 
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございます。
 
 
 
では、また別の記事でお会いしましょう!!

【文字入力】テキストに特殊なエフェクトを加える 最新機能!

2018.11.18

【旅行】おしゃれなオープニングビデオを作成するコツ!文字入力テクニック

2018.07.31

【モリサワフォント】PowerDirectorユーザーは特典でダウンロードできる

2018.07.21

【初心者】PowerDirector スライドショーの作り方 入学式 卒業式 イベント編

2018.04.13

【文字入力】PowerDirector タイトル・テキスト挿入 初心者編

2018.04.05
スポンサーリンク