【脱初心者】コスパ重視!10万円で動画編集できるパソコンを紹介 – クーポン付き –

最近は、誰でも動画編集ができる時代になってしまいましたね。簡単な編集ならスマホでもできてしまうくらいです。
 
しかし、動画編集は奥が深いです。
 
作品にクオリティを求めると、スマホだけでの編集は難しくなってきます。撮影時間が長くなったり、編集が複雑になると、パソコンにも負荷がかかり、思うように作業がはかどらなくなります。
 
そこで今回は脱初心者として、10万円前後で動画編集が問題なくできるコスパのよいパソコンを厳選して紹介します割引クーポンもあるので要チェックです

【保存版】動画編集用のPC最適スペックを解説【メモリ/ストレージ編】

2021年2月10日

【保存版】動画編集用のPCスペックを徹底解説【CPU編】

2021年1月23日

【自作PC】光学ドライブ DVD と BD を交換する方法!

2020年6月11日

スポンサーリンク

コスパ重視!おすすめは Dell、Mac、自作

まずはじめに結論から紹介します。
 
コスパがよい製品(メーカー)は、Dell、Mac、自作です。詳細は後述しますが、いずれも10万円前後で充分に動画編集ができます。なによりメーカーが信頼できます。
   
自身の用途とお財布と相談して、パソコンを選びましょう!

Dell をおススメする理由

個人的におススメなのは Dell です
 
国内外のメーカーパソコンを触ってきましたが、供給量も安定しており、品質も良く安心して使えます。
定期的に20%割引クーポンなど配布されているところも魅力的です。購入する場合はメーカー公式サイトから注文することをおススメします。

Windowsユーザーで、メーカーにこだわりがなければ、Dell で問題ないでしょう。

※ Dell 公式サイト 売れ筋モデル

Mac をおススメする理由

カッコ良さを求めているのであれば、MacBook Air の一択でしょう。


2020 Apple MacBook Air Apple M1 Chip (13インチ, 8GB RAM, 256GB SSD)
 

Intel 製CPUからMacに特化した ARM 製CPU「M1チップ」が搭載されたことで、圧倒的なコストパフォーマンスを実現しています。細かな解説は省きますが、旧世代のMacBook Proに匹敵するスペックを10万円強の値段で手に入れることができます。
 
唯一のデメリットは、macOS に慣れていない Windows ユーザーは、パソコンを使いこなせるまでに時間が掛かるでしょう。そこは自分の目的に合わせて購入を検討しましょう。
  
「Mac デビューしてみようかな~」と考えている人は、MacBook Air でも良いと思います。

自作PCをおススメする理由

人とは違うパソコンが欲しい。少しずつスペックを拡張していきたい。パソコンのことをもっと知りたい。
などなど、メーカー製パソコンに満足できない人は自作をおススメします
 
難しそうに思えますが、やってみるとプラモデルのようで簡単です。パソコン専門ショップでは、相性のよいパーツを検証して販売をしてくれているので、すぐに組み立てができます。
 
※ パソコン工房 -組み立てキット-
 
自作に挑戦すると、パソコンに対する視野が広がります。スキルアップに直結するような知識も増えていくので自己投資するつもりで取り組むと楽しいかもしれないですね。
 
わたしも自作PCでたくさんの知識を得ました。その知識は趣味、仕事でも役立っています。

PowerDirectorをおすすめする理由

公式サイトでは、PowerDirector の無料体験版をダウウンロードすることができます。セール期間中は25~30%オフになっているので、ぜひ、チェックしてみてください!
 

    
サブスクリプション版 PowerDirector 365 だと、全機能と最新コンテンツを利用できるのでお得です!
  
★PowerDirector おすすめポイント★

・6 年連続 “国内販売シェアNo.1” 動画編集ソフト
・動画出力の時間が他社よりも圧倒的にスムーズ 
・編集素材、テンプレートが豊富
・特殊な加工がだれでも簡単に利用できる
・無償ユーザーサポート付き
・ついにMac対応!

スポンサーリンク