【使い方】PowerDirector 動画音声をミュート、BGM の挿入方法

みなさん、こんにちは!!

管理人のピーディー( @PD_bloger ) です。

撮影した動画ってけっこう雑音が入ります。人によっては動画の音声を全部消してしまって、BGM だけ流したいとか思ったりしませんでしょうか??

今回、ご紹介するのは動画の音声をミュートにする、BGM を挿入する操作手順です
 
いくつか方法があるのでそれも解説します。超簡単なのでぜひ使ってください。
 

以前にも似た内容を紹介しています。参考にしてくださいませ。
⇒ 「 PowerDirector 音声 BGM 編集 初級

では、さっそくいきましょう!

スポンサーリンク

音声、BGM の読み込み

図.1

「サンシャイン」という編集用の動画をタイムラインのトラック 1 に入れました。
 
トラック 1 には、「フィルムのマーク」と「スピーカーのマーク」の 2 種類あります。
 
お察しの通り、赤枠で囲まれている「スピーカーのマーク」が動画の音声を示しています。
 
 

図.2

「メディアファイルの読み込み」から BGM を読み込みます。
 
動画・画像の読み込みと操作は同じです。

曲は Taylor Swift の「Shake It Off」です。サンシャイン水族館のアシカショーで流れてた曲です。
 
 

図.3

BGM はタイムラインの「♬」マークのところにドラッグしましょう。

この段階では、動画の音声と BGM の音量調整がされていないため、ゴチャゴチャします。
 
印象的なシーンや、誰かが話をしている場面ではしっかりと動画音声を再生させますが、意図しないガヤ音は極力ボリュームを下げる、BGM で隠すなど工夫をしましょう
 

ミュート

トラックを無効化

図.4

たとえば、トラック 1 に入った動画音声をミュートさせたいとします。
 
タイムライン左のスピーカーマークにチェックボックスがありますので、これをクリックしチェックを外します
 
トラック 1 の音声が使用されない状態となるため、ミュートになります。
 

音声ミキシングルーム

図.5

画面左上の「田」のようなマークをクリックすると音声、音楽(BGM)の音量調整をする画面が出てきます。
 
「音声 1」はトラック 1 の動画音声を示しています。
 
横にスライドするポインターがあるので左端へドラッグすると、トラック 1 の音量を 0 にすることができます。
 

YouTuber向け。動画編集で効果音を加える方法

2019年2月24日

まとめ

ミュートにするだけなら、操作はとても簡単です。
 
音量の微調整については、音声ミキシングルームを使うとよいでしょう。

もう少し細かな、一部分だけ音量を上げ下げするといった操作はまた別機会でご紹介します。
  

ソフトウェアを用意できていないひとは、有料版と同じ機能の体験版を公式サイトでダウンロードできます!
  

 
   
最新版 PowerDirector 18 が販売中です!
 
強化ポイントをまとめました。
 
編集効率 UP』『タイトル編集の強化』『SNS 向け動画サポート
 
やはり、動画編集ソフト販売シェア№1 なだけあって使いやすいです!
 
いま流行りのサブスクリプション型モデルも熱くなってきています!
 
ぜひ、いちど 公式サイト をチェックしてみてください!

スポンサーリンク