【Vtuber】360度動画をYouTubeにアップロードする方法が簡単すぎる

撮影した 360度動画をみんなに共有したい」と思ったことはありますか??

じゃあ、YouTubeに投稿してみましょう
  
とっても簡単なのでぜひ試してください。
 

スポンサーリンク

PowerDirector で画像を読み込む

360度画像(動画でもなんでもいいです)を読み込みます。

はじめに注意すべきポイントは、画面上部に再生時の縦横比の設定を変更しておくことです。

普段の動画編集では「16:9」を扱いますが、ここでは「360」にしておきます。

画像をタイムラインに入れます。

そして、プレビュー画面のすぐ下にある「360°ビューアーモード」を有効にします

有効にすると「360」が青くなります。これをしないと平面画像で出力されてしまいます。

再生時間を変更する

タイムライン上の360度画像を右クリックするとメニューが開くので「クリップの属性」から「所要時間」を選択しましょう。

ここでは適当に 1 分くらいに設定しました。どれくらいの間、360度画像を再生させておきたいかで時間を調整しましょう。

数値は「時間;分;秒;コマ」になっています。間違わないように注意しましょう。

オンライン出力

出力画面を開きます。

直接、YouTube にアップロードできるので「オンライン」から「YouTube」を選択しましょう。

YouTubeアップロードと一緒におなじ動画がパソコンにも保存されます。書き出しフォルダーを変更する場合は、開始ボタンを押す前に済ませましょう。

では、「開始」ボタンを押します。

YouTube へ動画をアップロードしても良いか認証画面が表示されますので、「認証」を選択しましょう。

Google アカウントにログインします。

PowerDirector から動画を直接アップロードするということなので「許可」を選択してあげましょう。

その後、まず書き出しフォルダー先に動画が出力され、次に YouTube へのアップロードが始まります。

内容は以上となります。

もちろん、直接アップロードせず、いったんパソコンに動画を書き出してから、YouTube にアップロードするという方法をとっても問題ありません。

動画再生中は自由に 360 度映像を楽しむことができます。

では、今回はここまでとなります。

ここまでお読みいただきありがとうございました。
 

ソフトウェアを用意できていないひとは、有料版と同じ機能の体験版を公式サイトでダウンロードできます!
  

 
  
   
最新版 PowerDirector 18 が販売中です!
 
強化ポイントをまとめました。
 
編集効率 UP』『タイトル編集の強化』『SNS 向け動画サポート
 
やはり、動画編集ソフト販売シェア№1 なだけあって使いやすいです!
 
いま流行りのサブスクリプション型モデルも熱くなってきています!
 
ぜひ、いちど 公式サイト をチェックしてみてください!

【THETA】PCで360度画像編集 イラストを追加合成

2018年8月15日

360度画像をWordPressブログに埋め込むプラグイン

2018年8月10日
スポンサーリンク