YouTube チャンネルから動画投稿する方法と注意事項

みなさん、こんにちは!!

管理人のピーディー( @PD_bloger ) です。

前回記事では編集した動画を PowerDirector から直接 YouTub にアップロードする方法を紹介しました。

実は、PowerDirector から動画を投稿するときにはメリット・デメリットがあります。それを回避するために YouTub チャンネルから動画を投稿する方法を紹介していきます。先にこの記事を紹介する意図をお伝えします。

  • PowerDirector からのアップロードではファイル形式を自由に選択できない(.WMV のみ)。
  • YouTub には推奨のファイル形式がある。
  • PowerDirector からのアップロードでは稀に失敗することがある。
  • 正直、PowerDirector 、YouTub どちらからアップロードしても時間はそれほど変わらない

以上 4 点を踏まえて、YouTub へ動画投稿する方法を解説していきます。難しいことはないので肩の力を抜いて読んでくださいませ。では、いきます~。

スポンサーリンク

YouTub チャンネルから動画をアップロードしましょう

図.1

YouTub を開き、画面右上にアカウントのマークがあります。アカウントマークの左側に赤枠のビデオマークがあるので、クリックすると下にメニューが出てきます。

動画をアップロード」をクリックしましょう!

補足
YouTube チャンネルとは、簡単に言うと動画を投稿する場所のことです。

YouTube を使用するには、Google アカウントが必要なのですが、各 YouTube アカウントに動画を投稿するチャンネルが設けられているのです。

こちらもご参考までにどうぞ。
YouTube アカウントの名前を変更(ブランド アカウントを追加)する方法

図.2

画面が切り替わります。「 」マークをクリックすると参照画面が開くので、投稿する動画を選びます。

もしくは、エクスプローラー(Windows キー + E)を開き、動画ファイルをドラッグアンドドロップするのも OK です。

ちなみに、この画面で「公開 / 非公開」の設定ができます。

図.3

すぐに画面が切り替わり、アップロードが開始されます。動画の容量、ネット環境で時間は左右します。

完了すると、

図.4

「処理が完了しました」とメッセージが表示されます。赤枠で動画のサムネイル(パッと見でどのような動画か、わかる小窓アイコン)を選択することができます。

そして、「動画の管理」をクリックすると、

図.5

これまでに投稿した動画を選択する管理画面が表示されます。ここからまた動画を選択し、細かな設定をすることができます。
ちなみにこの「動画の管理」画面は、画面右上の YouTub アカウントをクリックし「クリエイターツール」を選択すると出てきます。

アップロードについては以上です。とても簡単なので、尻込みしていた人は、これを見てどんどん動画を投稿してみましょう!!

とりあえず、非公開でも OK ですので、まずはチャレンジですよ☆

では、次に冒頭でふれた「PowerDirector から投稿するメリット・デメリット」、「YouTub の推奨ファイル形式」について説明していきます。

PowerDirector から直接 YouTub へ動画投稿するデメリット

アップロードできるファイル形式は .WMV 形式のみ

図.6

画質は選択できますが、ファイル形式(AVI、MPEG4、MP4、MOV、etc.)を選択する項目がありません。

デフォルトでファイル形式が .WMV になります。これが悪いというわけではありません。

動画をアップロードできれば問題はないです。.WMV は何か・・・と掘り下げていくと長くなるので、ここでは割愛します。

YouTub には推奨の動画ファイル形式がある

YouTub にはサポートされている動画ファイル形式がたくさんあります。

代表的なものだけ挙げると「.MOV、.MPEG4、.MP4、.AVI、.WMV、.MPEGPS、.FLV」になります。

そして、サポートしているファイル形式の中でも YouTub が推奨しているファイル形式が「.MP4」です。

このブログでも何度か紹介していますが、現在最も汎用性が高く、ほどんどの機器で再生可能なファイル形式です。

PowerDirector からオンライン出力すると稀に失敗する

これは投稿する元の動画ファイル、ネット環境など複数に原因があるかと思われます。いくつか自分で検証してみました。

しかし、原因の特定はちょっと難しいです。同じ動画内容でファイル形式を変えると失敗したり、ネット環境を変えるとアップロードに成功したり・・・。

メッセージをスクショし損ねたのですが、「別のファイル形式でも試してください」といったような内容でした。ネット環境が原因とも思えないな~。

不安定な条件で投稿するより、YouTube 推奨のファイル形式(.MP4)で出力をした後、YouTub チャンネル上からアップロードした方が良いでしょう

どちらから動画投稿をしてもたいして時間は変わらない

PowerDirector からの動画アップロードの手間は省けます。しかし、やっていることは同じで。パソコンへ動画を出力し、YouTube へアップロードする 2 つの過程があります。

PowerDirector からは自動で作業をしてくれていますが、ファイル形式を選択できない。

だったら、PowerDirector で一旦 .MP4 ファイル形式で出力をしたあとに、YouTub チャンネルからアップロードした方が良いです。出力とアップロードの合計時間もそれほど変わらないです。

PowerDirector を少しだけフォローしておくと…
複数の操作手順を覚えておくことはデメリットになりません。「こっちがダメなら、あっちで操作する」と応用が効きます。

PowerDirector の「出力」は必須知識なので、いい勉強にもなります

まとめ

いかがでしたでしょうか??

もう一度まとめますと、

  • .MP4 とは YouTube 推奨のファイル形式、様々な機器で採用されている汎用性の高いファイル形式
  • PowerDirector から .MP4 ファイル形式で出力をする。
  • .MP4 ファイル形式の動画を YouTube チャンネルから投稿する。

.MP4 がミソですね。ただ、ファイル形式とか何も知らないという方は、慣れるまでは推奨のファイル形式など気にせず、とにかくアップロードしてみましょう!

今回はここまでです。

お楽しみに!!

では、ここまでお読みいただきありがとうございました。

さようならーー

YouTube アカウントの名前を変更(ブランド アカウントを追加)する方法

2018.05.05

YouTube 動画投稿、アップロード方法:PowerDirector 編

2018.05.04
スポンサーリンク