動画は全部YouTubeに保存した方がいい理由 TOP3【ディスク作成・PowerDirector】

 
ディスクを作成するのってめんどくさくないですか? 
 
編集した動画をディスクに書き込む理由はいくつかあると思います。
 
一番の理由は、「知り合いに撮影した動画を見てもらうため」ではないでしょうか。
 
もし、これだけの理由でいまもディスク作成をし続けている人がいたら、
 
いますぐディスク作成をやめましょう。 

タイトルを見て、びっくりした人もいるかと思います。
 
DVD作成の解説記事を全否定してしまうような内容ですが、必ず役立つ内容です
 
ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

そもそもディスク作成ってめんどくさくないですか?

まず、ディスク作成をするまでの工数と余計な情報が多過ぎます。
 
 
事前準備:ディスクの種類確認、ディスク購入、外付けデバイス購入(なければ)
 
作成過程:ディスク録画時間に合わせて編集、書き込み、再生確認、知り合いに配布
 
  
過去にディスク作成の解説記事を公開していますが、わたし自身ディスク作成をしたのは、正直これっきりです。。。
【ディスク作成】PowerDirector 動画をDVD、ブルーレイディスクに書き込む方法
【ディスク作成】Power2Go 動画をDVD に書き込む方法
 
 
ディス作成の面倒な制約をすべて吹き飛ばしてくれるのが、
 
YouTubeへの動画投稿です
 
 
いや、YouTuberになるつもりなんてないよ、って言っているそこのあなた!
 
これからYouTubeに動画をアップロードするメリットを挙げていきます。

YouTubeなら無料で無限に動画を保存できる

よくよく考えたらすごいことですよね。
 
YouTubeのアカウントを作成するだけで、制限なしで動画をアップロードできます。
 
YouTubeに動画を保存すれば、物理的な制約から解放されますね。
 
ディスクの破損、紛失、保管場所の確保などの心配は不要になりますね。
 
 
ちなみに、わたしのYouTube活用方法は、
 
非公開」設定で動画のバックアップ、
 
限定公開」設定で知り合いにだけ動画を共有、 

ちょっと自信のある動画を「公開」しています。
 

 
まだYouTubeに動画を投稿したことがなければ、まずは非公開でもいいので動画をアップロードしてみましょう。

ネットさえ繋がれば、だれでも、いつでも再生できる

旅行などで撮影した思い出動画をDVDで共有するのは時代遅れです。
  
正直、DVDを渡されるのは困ります。 
 
最近のノートパソコンにはDVDレコーダーがついていないので、ディスクを渡されても観れないです。
 
そもそも、パソコンすら持っていない人が意外と多いです。
 
 
動画を共有される側は、URLだけ送ってもらって、好きな時にスマホで再生するのが楽ですよね。
 
動画を共有する側も、公開範囲を自分で管理できるので、消したくなったら非公開に設定変更すればだれも観れなくなります。

YouTuberは誰でも簡単になれる

YouTubeのアカウント作成、動画アップロードの方法は別記事で紹介しています。
YouTube アカウントの名前を変更(ブランド アカウントを追加)する方法 
YouTube チャンネルから動画投稿する方法と注意事項 
 

YouTubeに動画をあげると炎上しないか心配だ、と思う人もいるでしょう。
 
基本、炎上する動画ネタはジャンルが決まっています。
 
政治、経済、宗教、ゴシップ、ヘイトなどお金と人の怒りを刺激するジャンル以外は、そう簡単にコメントは荒れないです。
 
それ以外の緩いジャンルは民度が高い視聴者が多いです。
 
マナーが悪い人も中にはいますが、全体の1パーセント以下で、そもそも大半の人がコメントをしてくれないです。。。
 
炎上は言い換えると、注目されているということなので、ニヤニヤしながら喜びましょう。 
  
 
YouTuberは誰でもなれます。

youtuber 必見!おすすめ動画編集ソフトの使い方をまとめて紹介

2018年10月18日

自分の動画にいいね!がついたり、コメントをもらって評価されるのは嬉しいものです。
 
ぜひ、ピーディーチャンネルをチェックしてみてください!

 

スポンサーリンク