【使い方】PowerDirector 動画を保存する 超基礎編

動画編集をして間もない方向けの超基本講座です。
 
編集していた動画ファイルの保存先がわからない

スマホアプリの場合は即閉じて OKだけど、PC版はこのまま閉じちゃって OK??

保存の方法をミスすると数時間かけて編集した動画ファイルが消えてしまいます
 
 
まずは基本中の基本、こまめに保存をすることが大事だと思います。
 
あとで後悔しないように、しっかりと基礎をマスターしましょう!

スポンサーリンク

PowerDirectorをおすすめする理由

公式サイトでは、PowerDirector の無料体験版をダウウンロードすることができます。セール期間中は25~30%オフになっているので、ぜひ、チェックしてみてください!
 

    
サブスクリプション版 PowerDirector 365 だと、全機能と最新コンテンツを利用できるのでお得です!
  
★PowerDirector おすすめポイント★

・6 年連続 “国内販売シェアNo.1” 動画編集ソフト
・動画出力の時間が他社よりも圧倒的にスムーズ 
・編集素材、テンプレートが豊富
・特殊な加工がだれでも簡単に利用できる
・無償ユーザーサポート付き
・ついにMac対応!

動画ファイルが2種類ある

プロジェクトファイルとはなにか

図.1

赤丸で囲まれた「.pds」と書かれたファイルがプロジェクトファイルです。あまり聞きなれないファイル形式ですね。

これは「Power Director で編集した動画を一時保存したファイル」です。

編集作業がひと段落したら、一時保存し、後ほどこれを開くことにより前回の途中から編集再開ができます。

補足
保存場所は自由に決められます。やっぱりあとから見てわかりやすいところに保存することをお薦めします。

新しくフォルダを作成し、タイトル名をつけ、編集中のファイルにも名前をつけて保存をしましょう。

図にある「さくら.pds」は「…スライドショー」フォルダーに保存されているということが一目瞭然となります。

※ このとき闇雲にフォルダーを作りまくると、保存したファイルを見つけることができなくなるので、ぱっとみてわかる程度、浅めのディレクトリに保存するようにしましょう。

一般的な動画ファイル

図.2

みなさんも、よく耳にすると思うメジャーなファイル形式「MP4」です。

簡単に説明すると、汎用的でほとんどの OS、スマホ、youtube などでも対応している動画ファイル形式の一種です。
 
プロジェクトファイルとの違いは、一時保存した編集中ファイルではなく、編集作業が完成した動画作品になるということです。

プロジェクトファイルの保存方法

さっそく、Power Director を起動しましょう!ある程度、編集をした状態と仮定して話をすすめていきます。

図.3

まぁ、編集が終わったら、「ファイル」を押して「プロジェクトに名前をつけて保存」だけなんですけどね。

超初心者の方は「プロジェクトに素材をまとめて保存」がいいのかも。。。

なのですが、かえって操作が難しく感じるかもなので、これで OK と思います。

出力とは

図.4

ひとまず、ファイル形式は「 H.264 AVC MEG-4 1920 × 1080 」を選んでおけば OK。

MP4 以外のところの英数字はコーデックという映像の中身にあたるものです。

それぞれ役割があり、「MP4」という箱(コンテナ)があり、H.264(MPEG-4)という映像の中身(コーデック)を詰め込むという感じ。

あと、したに LPCM という音声ファイル形式もあって、それも一緒に同じ MP4 という箱に入れます。

動画は一つの箱に「映像 + 音声」が入っているイメージです。

PowerDirectorで動画出力、エンコードするための基本操作を解説 
動画の出力については、こちらでも解説しています。

まとめ

重要なのは、

  • 必ず「名前を付けて保存」をしましょう!とくに後から見てわかりやすい名前(作成した日付など)を入れるのがミソです。
  • 保存先は固定させておく。あとからあちこち絶対に移動させない。ファイルが迷子になるのを防ぎます
  • 編集で使っているビデオファイル、写真は絶対に残しておく。完成するまで場所を変えない。
  • 不安なときは「コピー・貼り付け」で外付けのハードディスクにバックアップを取る

   

PowerDirectorで動画出力、エンコードするための基本操作を解説

2021年5月8日

360度画像を無料配布!VR動画の編集で活用してくださいませ!商用利用可!

2020年1月1日
スポンサーリンク